【LISA】モーニングコーヒーのメリットとデメリット

カテゴリ:

みなさん、こんにちは。

フロントスタッフのLISAです。

昨日、家の近くの喫茶店にモーニングでいってまいりました。

コーヒーの香りは心地いいですね。

ぼんやりしていたけど、すっきりと気分がよくなりました。

朝にコーヒーを召し上がる方は多いのではないでしょうか?今回は、そんなモーニングコーヒーについて触れていこうと思います。

朝にコーヒーを飲むことについて、「健康にいい」と、「健康にわるい」という意見があり、専門家も研究をすすめているようですが、「健康にわるい」という意見の方が主流なのだそうです。

とある大学教授の研究によると、人間は、体内リズムを構造上もっており、朝(8時〜9)に脳を覚醒させるコチゾールというホルモンを分泌させて、体内のリズムを整えるのだそうです。そのタイミングでコーヒーのカフェインを摂取すると、コチゾールの分泌が減ります。その結果、体にカフェイン耐性がつき、より多くのカフェインを欲するようになってしまうのだとか。

また、カフェインの過剰摂取は、交感神経への刺激が強くなりすぎるので、胃腸のサイクルを乱し、下痢や腹痛につながります。

ここまでみると、モーニングコーヒーはいいところなしですが、「健康にいい」という意見ももちろんあります!!!

コーヒーは血行をよくする効果があるので、朝に飲むことで、より元気に活動することができます。また、リラックス効果も得られるとのことです。もちろん、眠気を覚ます効果もあるので、朝の1杯で、1日を快適に過ごすことができます。

これらのことを踏まえると、モーニングコーヒーは飲みたいそういう場合は、朝の9時〜11時くらいに飲むと、コチゾールの分泌の妨げにならないそうです。また、コチゾールは起きた瞬間に50%分泌されるようなので、起きてから少し時間が経った時に飲むのもよさそうですね。目安は、起きてから1時間後だそうです。

また、お昼の12時〜13時、夕方の17時半〜18時もコチゾールの分泌が盛んなので、避けた方がいいとのことです。

それでも気になる方は、デカフェのコーヒーを飲むことをおすすめします!

私は起き抜けにコーヒーを飲む….ということをよくするのですが、これを書きながら、時間を気にして飲んでみよう、と思いました♪

 

↓↓Instagramはこちらから↓↓↓

camouflage

https://instagram.com/camouflage_fit

kick revolution

https://instagram.com/kickrevolution